ランチ

 
 おとなりさんとのランチ。

 おとなりとは、カイエンってweb 制作の会社。

 みなさんお客さま。

 んで、しゃちょうの池田氏と代官山「米 花」に。


 



 



 


 いい店見つけた。

 おすすめです。

 夜も来てみたい。

 ちなみに、おとなりには同郷の、某桔平夫妻が着席。ラフでした。

 

学芸大学「 味味 」

 
 ちょっとぶりの「 味味 

 「 まこもと豚肉の炒め物 」

 まこもって初めて。美味しかった。


 

 
 食べる?って出された「 パクチーのなんちゃら 」

 液体はごま油。

 しきりに、「 コレタベルトゲンキ二ナルヨ 」って。

 たしか3回は言った。

 


 他、

 「 海鮮春巻き 」「 レバーつまみ 」「 腸詰めチャーハン 」「 青島ビール 」「 紹興酒 」

 店内でひときわ目を引くでっかい壷ふたつ。
 
 

 
 酔っぱらい蟹だそう。

 それにしても季節柄ってのもあって、上海蟹をやたらススめるオヤジ。

 「 ウチノハヤスインダヨ 」

 「 ホカヨリヤスインダヨ 」

 「 ホントダヨホント 」

 「 シャンハイガ二ハモウカラナイ 」って。
 
 このくだりもたしか3回。

 ススメ二ハ負ケズ乗ラズ。

 連れの友人も喜んでくれたようだった。

 裏メニューも教えてもらった。

 いつもに増して饒舌なオヤジ。

 いつもに増して美味かった。



差し入れ


 日本人で良かったって思う。

 お茶漬けにばっちりでした。


 


 里花さん、ありがとう。



食画像集

 
 「最近、食べ物ネタ少ないですね〜」ってちょいちょい言われるんです。

 たまにのことでも、こうブログにピックアップしてると

 「美味いもんばっか食ってんな〜」って方向にもってかれ、

 グルメな人ってことになってしまいがちなんです。

 ま、逆の立場でもそう思うんですがね。

 ま、グルメではございませんが、

 みなさんと同様に興味ありって事に違いはございません。

 ので、少数の方々のご要望にお答えさせて頂き、

 いつのか忘れましたが何となく保存されてた画像です。

 なんの説明もないですがどうぞ。


 渋谷・松涛「 LABO

 



 



 


 毎度おなじみ「 uguisu

 



 



 


 三軒茶屋「 玄そば 東風(こち)

 



 



 


 どの品もおいしゅかったでございました。

 

イスラエル料理の

 
 初夏あたりからハマってるこちら、ファラフェルサンド。

 サンドはピタパン。


 

 
 ココ最近の「美味しいと嬉しく思う」流れ。

 肉より魚、魚より「野菜」って流れがつづいてる。

 ただ、ベジタリアンの域まではないって事は分かってる。

 ただただカラダが欲してくるココ近年ってトコ。なんかね。


 

 
 男性お二人でやってるこちら。

 さっぱりしてながらのゆるい店内も、ジブンにとってはいい愛想。

 アクセスはいいとは言えませんが、是非どうぞ。
 

 

久々オトン

 
 上京中の父親の接待。

 何処にするか迷った結果、
 
 趣味でそば打ちをしているほどの麺好きなこともあり、蕎麦と和食を選択。

 中目黒と池尻の間に位置する目黒川沿いの「土山人ドサンジン」に。

 
 



 


 粗挽き田舎そば

 

 
 冷やかけすだちそば

 


 その他もろもろ。どれも○でした。

 


 久しぶりの親子談義。

 いろんな話題の中、この日一番印象に残ったネタ。このネタがってのもどうかと思うが。

 父親、ミスターこと長島茂雄氏の大ファン。

 長女の名前を、ミスターの奥さまから真似ちゃうほど。

 で、なぜそんなにファンになったのか問うたところ、 

 デビュー戦で4三振をしたこと。そのすべてが空振りだぞ と。
 
 その豪快さゆえの壮快さに、一瞬にして惚れたらしい。

 その後のミスター数々の伝説、野球ファンならずとも承知の通り。

 この辺りのくだり、酒の力も加わりこの日一番の声の張り。

 若干周りが気になる。。

 あまりの衝撃に以来、人生に欠かせないワードになった「シゲオ・ナガシマ

 活躍したからでなくってところに心が奪われる辺り、気に入った。

 蕎麦と日本酒とオトン、時折ミスター

 選択した相性に間違いは無かった。

 それにしても、好きなネタを話す時の夢中な感じって、年齢なんて関係ないね。



祐天寺「まんまや」

 
 WHITELINEの F氏から教えてもらった、

 知るヒトぞ知る和食の店「 まんまや 」に、20代後半の後輩「肥後もっこすと。

 近所に住んでるか、口コミ以外に知られることのないであろう立地。

 案の定迷う。

 目印として記憶してたスーパーの店員さんにたずねると、

 じゃあ案内しますね〜 って。あっっ、どうもって感じ。

 まんまと導かれ到着。ココですよって。なんていいひと。ありがとうおねさん。

 迷ったにしてはいい流れ。

 で、料理はというと、

 「刺身盛り」どれもマル。たこがやたら旨かった。


 


 「自家製さつまあげ」ほっくほく。

 創業以来、36年間変わらない味だそう。おっちゃんは鹿児島出身らしい。

 


 「ごぼうの唐揚げ」

 たかがゴボウ、されどゴボウ。食した瞬間のギャップにおちた。

 様は、惚れる要素のひとつってとこ。地味やけどマスト。

 

 その他もろもろ。

 〆は、名物「焼きさば寿司」お米は古代米。

 


 ジブンの地元では、「さんま寿司」って名物がある。

 あぶらが程よく抜けたさんまが獲れるからこその押し寿司。

 その記憶があるだけに、あぶらがのり過ぎかな〜 とも。

 少々ガツン系。間違いなく美味しいのだが、〆には若干キツかった。

 なにやら真空パックでのテイクアウトができるとのこと。

 次回は無理して攻めないようにするとする。モタレタカラネ。

 おっちゃんとおばちゃんもナイス。完全なるリスト入り。釜飯も名物らしいので、次回。

 こんなとこのこんな店知ってるオトコって、あんたナニモン?扱いなはず。

 いやぁ〜、うわさの「まんまや」った。

 

薬膳カレー

 
 サマー マールコ → コレか? → カレー!


 


 なんとも言えぬコクがクセになる。

 BGMは、reggae or rocksteady。ほぼ。


 

 
 帰宅途中下車リスト店のひとつ。

 中目黒銀座通り「 Ka・Ku・Ra 

 

三軒茶屋「 阿 川 」

 
 住宅街にひっそり佇む系「 阿 川


 


 店主の阿川さん、オトコふたりで切り盛り。

 


 なすのお刺身だったっけな?上々な滑り出し。こういうの、ほんとすき。
 
 

 
 アスパラ。旨かったな〜コレ。

 


 揚げ出し豆腐。シンプルイズベスト。

 


 おまかせの、あと一品。だしがグッジョブ

 


 その他もろもろ

 


 〆の抹茶アイス。

 超濃厚!不思議なもっちり感もあり、美味。

 クセんなりそうな一品。

 


 深い時間に進むにつれ、常連さんらしき面々が ヒトリフタリとご来店。

 少しのお話もさせて頂き、気さくな店主のお人柄もナイス。

 同年代ってのも嬉しい。間違いなくリスト入決定!

 阿川さん、ごちそうさまでした。



中目黒「 いふう 」と


 以前から気になってた店のひとつ。

 中目黒「いふうに。


 


 ぼんじり と つくね

 


 三元豚のソーセージ
 
 


 芝海老の真丈揚げ

 


 


 うにご飯

 


 その他もろもろ。

 すべてにおいて、あっさりめな味付けだったこともあり、
 ちょっと多めかなって品数も、ナンナクとパクパクいけた。

 お店の方々のアタリも、ほど良く好印象。

 女将さんに、「はじめて?」

 ジブン「あっ、はい」

 女将さん「あらっ、そう。その帽子、、」

 ハットにヒゲ、ジブン風なオトコ、この辺りではちょいちょいおるな。。

 なんかチェンジしてみっかな。。

 で、

 馴染みの寄り道「uguisu

 なにやら日をまたいで、コンノ氏とシンちゃんのバースデーだったようで。

 こんなにピンキーなケーキまで。


 

 
 三十路過ぎのオトコ

 


 四十路過ぎのオトコ

 


 まだまだ張りのある感じ と 味が出つつある感じ。

 集う面々を見る限り、”いいオトコ"射程圏内なんだと言えそう。

 いいシワを刻んでいって頂きたいものだ。

 


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
-->

others