赤イ糸ヲ祝ウ会

 
 ハワイアンウエディング帰りの友人カップル、

 S Kちゃんささやかながら祝いまっ会。

 総勢7名のカンサイジン、都立大marucan」に集結。

 
 


 慣れたメンツ、終始ワイワイ ガヤガヤ。

 安斎 新さんの器を 皆からのプレゼントとして贈呈。

 ジブンららしく祝えたんじゃぁないかと。


 


 marucanの、みのりさん、だんなさん、くにこさん

 事前のご用意含め、色々とありがとうございました!

 また、誰かに何かあった折も含め どーぞ宜しくお願いいたします。


 


 主役のお二人ハットのオトコ→S氏、となりのオンナ→Kちゃん

 やんわりカップル、のんびりオシアワセに〜。

 

QUATTRO が QUATTRO で

 
 ソニーミュージックのミッチーからのお呼ばれ。

 以前、ヘアメイクを担当した「QUATTRO」の全国ツアーの〆、

 渋谷「QUATTRO」でのパフォーマンスにおじゃまして来た。

 8割5分 女子。うち、7割5分ほど 20代女子。

 ムンムンしとった。

 さすが、oasis のオープニングアクトを務めるだけあります。

 曲は、all English。

 ふと、母国語の曲が聞いてみたいと思った。

 どんな詩を書くんやろうか と。

 
 


 イマのカレラのコトバってどんなんやろ と。



日 曜 食 堂

 
 料理家「どいちなつさん と 息子の「ひなた」くん、DM ごっそり持参でご来店。

 なにやら、世田谷・上町の夏椿で 一日限定食堂の企画をやるらしい。


 



 


 この世に生を受けて、ほどない時期からの面識。

 フットボールと釣りをこよなく愛し、

 自ら、マイケルの歌とダンスを 惜しげも無く かつ 堂々と披露してもくれ

 ジブンのバースデーには プレゼントのおねだりをけっして忘れる事のない

 ショウロクダンシの「ひなたくん

 


 興味のある方、お近くの方、お時間ゆるす方々、

 一軒家のギャラリーでの のんびり、いかがでしょう。

 多分、ショウロクダンシは居ませんが。

 

シカラレタケド「あ」経由「う」


 個食の気分でなかったので、急遽、誘いのtel。

 アザミ氏 と エナミ氏 プラス 途中合流の かくちゃん

 遅すぎると お叱りをうける。アザミ氏から。ごめん。

 向かったお店に入れず、再度。同上。ほんとごめん。

 無計画だと、、そりゃ〜そう。誘ったのジブン。 少しづつ小さくなりかける(苦笑。

 自称、やさしさだけがとりえの オトコ からのお叱り連呼。

 そんなトークをしつつ 向かった先、「あ」赤鬼 

 飲みだすと、自称 とりえが前に出だす。

 「やさしさってのは」を知っている オトコ。 
 
 そりゃ〜 オトコたちからの 支持率の高さもうなずける。

 ミス・フォトジェニック かくちゃんいわく、「ちゃんとしてるオトコ」

 後は、のんで、べしゃって、のんで、たべる。

 
 


 経由さき、「う」うぐいす 

 寄り道の一杯。いや二杯。ってか。。。

  

 つるぴかオリーブ。
 
 



 

 
 はじめましての みのりさん と くにこさん

 お二人は、都立大で marucan ってお店の若女将と料理長をされているようです。

 今度、行ってみることにスル。

 


 ココ最近、レギュラー化しつつある しんちゃん

 

 
 本日のオオトリ。

 ここんちのドン、コンノ氏

 

 背後、んっ?ベー師匠??

 チーム「ウグイスの皆さま、
 いつもながらの寄り道ではありますが、 ありがとうございます。


 それにしても似てるんですけど。。。



笑 顔 豊 作

 
 ひょんな縁で繋がってた面々での会。

 号令の主、ファンキー・カタヤマ氏。

 


 ちひろさん と さやかさん。
 
 
 

 某局にお勤めのお三人さん。

 カタヤマ氏とは 友人がやっていた 伝説のおでんや「トッコトッコ」での出会い。

 さやかさんは マールコのお客さま。

 ちひろさんとは はじめまして。

 まずは、池ノ上「ハッチとノラ」に集合。

 あんなに肉づくしってのもあんまないかなぁ〜 ってくらい、色んな料理をいただいた。

 どれもこれも旨い。
 トーク、肉、ビール、肉、トーク肉、ビール肉、塩、塩、塩、、、、、
 (塩に関してはメンバー以外は なんのこっちゃだと思います。スルーで。)
 
 おなかを十分に満たし、次に向かったのは 三茶。

 「空とミルク

 


 きばった笑顔とドクロTの 店主シオやん

 

 常連らしい 小さなインド人に 皆クギズケ。ちょーハイテンション。
 誰かが、インド人もびっくり って。まさにそんな感じ。
 
 ココで紹介出来ないのが残念。またいつか、必ず。クギズケタイから。

 それにしても、いい会だった。
 カタヤマ氏、さやかさん、ちひろさん、またどっかで!

 お開き後、酔いさまし込みで 徒歩での帰宅を選択。

 マ ズ イ。見慣れたあかりが、、、そう、uguisu にスイコマレてしまった。。

 

 せっせと働く しんちゃん と まっつん。

 
 

 じゅんちゃん と しんちゃん。忙しくってもピースなふたり。

 またまたいっぱいおしゃべる。

 愉快なのっていい。豊作でした。
 


伝 統 の 一 戦

 
 と言っても、草の方。

 8〜9年前から始まった大人の遊び。

 普通じゃつまらんし、やるんやったら と、
 発起人のアベツネ氏(読売代表)コクガン氏(コミッショナー)が 
 オークション等で収集したプロ野球の本物のユニフォームを着用してのプレー。
 言わば、コスプレ野球。

 基本コンセプトは「ものまね」。(プレーは本気)

 水島新○先生に「あんなふざけたチームとは、うちはやらない」とまで言わせてしまった

 本気でふざける草野球。先生からコメント頂けるなんて光栄だと 喜んでいる面々。

 年間を通してのペナントレースを、セントラルリーグの6球団で戦い、覇者を決める。

 ほんまのまんま。

 で、当日のGAME。



 
 
 ピッチャー YABU (Tigers)

 
 
 バッター TAKAHASHI (Giants)

 キャッチャー YANO (Tigers)

 

 メンバーも、会社経営者、クリエイティブ系、芸能マスコミ系、整体師、住職、OL など
 年齢、職種、性別もさまざま。

 時に、名門校出身の甲子園出場経験者や誰々さんの息子ってな面々もいたりして。

 もちろん、ギャラリーも笑って観戦。

 

 
 スコアは、七回裏に巨人軍が同点に追いつき、仲良くドロー。後日 再試合。

 ワタクシの当日の役柄、5番 センター 谷 。

 「ここで一本打ったら 一票入れるよー」なんて、旬な夫人ネタでの激励もあったりね。

 成績は、3打数2安打 1打点 1四球 3盗塁 1E 。上々な活躍っぷりでひと安心。

 パシフィックの6球団も じきに揃うとのこと。

 そうなったら、ほんま笑えます。

 ヤ メ ラ レ マヘン コレ ダケワ 。



言うオトコ


 ナガオくん。

 昨年、念願の独立を果たしたフォトグラファー。


  
 まだまだのんびりなようですが、
 今後に向けてのたくらみを ちゃくちゃくと進行させているご様子。

 でもって、マールコとの企画も決定!ネタは追々。

 
       これは別件ネタ。


 こちらは、先日ご結婚されたという 幼なじみの友人(新婦さん)の
 式での様子を綴った 自作の小冊子。

 中でも、ワタクシの目に止まったイチ枚。

 まっすぐなカメラ目線。なじみの彼でしか撮れないであろうコノ笑み。
 (自ら、ボクにしか撮れないと。言うよね〜 笑)

 何か含んでそうでもアル笑み。

 アル意味 での アル笑み?

 後は ご想像におまかせいたします。


 


 旅行中を見計らって、ポストに忍ばせて来たとのこと。粋なことしまんな〜。

 ナガオくんだからこそできるプレゼント 。
 (自ら、ボクにしかできないと。ほんま言うよね〜〜笑)

 間違いなく、カレは ほくそ笑む。

 

扇谷一穂リリースライブ 

  
 先日の夜のこと。

 お客さまの achordion 木村氏がサポートとして参加している

 扇谷一穂さんリリースライブに、ぶらり寄ってきました。
 
 場所は AOB本店。営業中の店内の一角での演奏。

 日頃、彼女を支え 応援しているであろう方々が、お祝いに駆けつけている様子でした。

 扇谷さんがチューニング中、
 
 マイクを渡された木村氏「・・え〜・・・あっ・・んん・・」(めっちゃソフトに)

 皆、しばし沈黙。。。ちょっとソワソワ。すかさず扇谷さんフォロー。

 ただひとり、ブレることのない 穏やかな笑顔の氏。

 そう、トークのサポートは撃沈。

 でもそれがいつもの氏。 変わらないことも魅力のひとつ。らしさ。

 安心しました(笑。


 
  

 そんな 魅力的な木村氏サポートの 扇谷一穂さんの音楽、是非 耳を傾けてみてください。

 写真、木村氏だけブレちゃった (苦笑。



k i tt a

    
 先日届いた 一通のDM 。
 
 これまた20年来の友人、キッタちゃんから。

 虹色草木染 と称し、
 ダンナさまと共に 豊かな生活の中で 
 丁寧に愛情たっぷりなモノづくりをされてます。
 

 


 SAWA  さわのたかし   
 
  76年東京都うまれ。里山や農村の暮らしを愛し千葉県鴨川市に移り住む。    
  薪をわり、草木を摘み、色を染め、田畑にたつ。    
  そんな日々の暮らしからうまれる懐かしくも新しい音の世界を紡いでいる。 

 kitta  さわのゆうこ     
  
  74年うまれ。瀬戸内の水鏡に映る空の色と、祖母の足踏みミシンの音を背景に育つ。   大切な人の着るものを作って行く中で、「人と自然はひとつである」
  ということを自分なりに表現したくて、草木で染めた自然素材の衣の制作を始める。    3児の母。
   
  (h.p profile から)


 


 きっと、充実した時間を過ごせることと思います。

 ちょっと距離はありますが、興味のある方は ぜひ!
 
 あっ、児玉奈央さん てシンガーもいいですよ。
 



ど い ち な つ


 友人、どいちなつさんの はじめての著書。

 むかしは クラブキッズやったはずの彼女、
 いまは こんなことになってます。

 毎月、必ずってほど 何かしらの雑誌に載っておられます。

 口ぐせは「うん、おいしい!」
 そーいや〜 言ってるっけなぁ〜。
 

  


 めざせ「印税生活!」だそうです(笑 

 ご協力できそうなお方は レジまでどうぞ!






calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
-->

others